私にもオンライン商談はできる? はじめてのオンライン商談 レベルアップ講座 ~超入門編~ ①機材について

新型コロナウイルス感染症の影響から対面での商談が減少してきている昨今、代替手段としてZoomやGoogleMeetといったミーティングツールを用いたオンライン商談が実施されています。はじめてオンライン商談を行う時は、何を準備したら良いのかと悩んでしまうと思います。ということで、今回はオンライン商談に必要な機材を紹介します。  まずは、オンライン商談に必要なものをリストアップします。

オンライン商談 機材リスト

  • PCもしくはスマートフォン・タブレット端末
  • イヤフォン、ヘッドフォン
  • マイク
  • カメラ(PCに内蔵されてない場合)

それでは一つずつ何に使うか、どのようなポイントに気をつければ良いか説明をしていきましょう。

・PCもしくはスマートフォン・タブレット端末

 こちらはオンライン商談においてZoomなどのソフトを動かすものになります。この端末を準備するにあたって重要になってくるのはインターネットへの接続です。

 オフライン状態であったりインターネットの接続が不安定ですと、商談に支障が出てきてしまいます。接続しているWi-Fiや携帯回線などの通信速度が十分か商談前に計測しておくことをおすすめします。こちらの計測サイト(https://fast.com/ja/)では通信速度を調べることができ、目安としては10Mbps以上の数値であることを推奨しております。

・イヤフォン、ヘッドフォン

 イヤフォンは商談相手からの音声を聞き取るために使用します。内蔵されているスピーカーで良いのではと思うかもしれませんが、スピーカーを使用すると商談相手の音声が自分の音声に乗ってしまい、大変聞こえ辛くなる現象(ハウリング)が起こってしまいます。ソフトによってはこの現象を抑える機能がついているものもありますが、十分ではないのでイヤフォンを使用したほうが万全であると言えるでしょう。

・マイク

 こちらは自分の音声を商談相手に届けるために使用します。スマートフォンやタブレットですとマイクを内蔵している場合が多いですが、PCの種類によってはマイクが内蔵されていないものがあります。マイクが内蔵されているか確認してみてください。マイクがない場合、先程のヘッドフォンとマイクが一体になったヘッドセットの利用がおすすめです。ヘッドセットは頭に装着する為「マイク」部分と口の距離を常に一定に保ち、音量が変わらないため、商談相手が聞き取りやすくなります。

・カメラ

カメラは商談中に自分の映像を表示させるために使用します。スマートフォンやタブレット端末・ノートPCには搭載されていることの多いカメラですが、マイクと同様にPCによっては内蔵されてない場合があり、事前に確認が必要です。カメラ内蔵PCないしウェブカメラを所持していない場合、スマートフォン・タブレット端末での実施、もしくはウェブカメラの購入をご検討ください。

まとめ

以上一通りオンライン商談に必要な機材についてまとめてきました。概観してみるとPCやタブレット等があれば、必要なものは多くないことが伝わるかと思います。逆に今回紹介した機材が欠けてしまっている場合、良い商品・商談スキルを持っていたとしても適切に商品の魅力を伝えることができず、勿体ない商談となってしまいます。ヘッドセットやカメラなどは数千円で十分な機能の製品を購入できますので、ご自身のオンライン商談環境を確認し、整えてみては如何でしょうか。

バイヤーズキッチンでは食品メーカー様と食品バイヤー様のオンライン商談会を実施しています。参加者の皆様からご要望あれば事前に模擬オンライン商談を行うなどサポート体制を整えております。

前述のような、基本的な準備物だけでなく、オンライン商談で使用できる機能や心得などはすべてマニュアルを作り、お渡ししておりますので、初めてのオンライン商談でも安心してご利用いただけます。オンライン商談等でご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

FOOON掲載商品が気になったら、
バイヤーズキッチンで
売り手と商談ができます!

地域の食が集まるコミュニケーションサイト | バイヤーズキッチン

バイヤーズキッチンは
地域の食が集まるコミュニケーションサイトです。
FOOON掲載商品以外にも多数の地域食品が出品中!
全国から集まった食品の売り手と
オンライン商談できる他、
試食展示会などのイベントも開催しています。

お電話でのお問い合わせ

03-3249-7022

(平日10:00-18:00)

サービス内容に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

もっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。
担当者よりご連絡させていただきます。